In the Wild

創始者のHeinrich Wildのように、新たな境地を求めてスキャンをし、感性を研ぎ澄ますために新しいツールを構築し、世界をよりよく理解するためにリアリティキャプチャを推進しています。

InTheWildに参加して、ライカ ジオシステムズのテクノロジーに関する多くのストーリーを参照ください。
Video

ドライウォール作業におけるLino L4P1とDISTO D2»

Edin Osmanagic氏は、2012年にSolid-Bauを設立し、自分のビジネスを開業しました。それ以外にも、乾式壁の工務店をふたつ営んでいます。にもかかわらず、氏は自分で日々建築現場で自ら作業しており、そしてその結果、業務とは密接な関係を維持しています。内装工事における作業では、プレハブの壁や吊り天井、内張りフローリングシステムや内臓の付帯設備など、多種多様なものを扱います。 Edin氏が1998年に左官職人と乾式壁工法の見習いを終了しようとしていた頃は、また巻尺が頻繁に使われていました。これは、とても大変な作業でした。三角形も、ピタゴラスの定理を使ってその都度3・4・5の比率で計算する必要がありました。20世帯の集合住宅の立面図を作成するには、2名が付きっきりで4~5日かかったものです。 マルチラインレーザーのLino L4P1とDISTO D2レーザー距離計のおかげで、最近はすべてが効率的になりました。 とEdin氏は言います。 もうこれで、同じ作業をするのに2人で2日間で終わらせることができるようになりました。 これはつまり、時間とコストが50%以上節約されたことを意味します。 現在Edin氏は、大きな住宅ビル2棟からなるコンスタンス湖のリンダウの新築の物件を、従業員2人とともに取り組んでいます。その任務は、総面積1200m2の大壁を建てることです。加えて、60m2のダクトライニングと、アパートのドア用100軒分のスチールドアフレームも設置します。 壁を建設するには、まず壁を位置までの距離をLeica DISTO...

Leica Lino L4P1 on a stand

L4P1、完璧なパワーバンドの取り付け

A Perfectly Fitted Light Band Thanks to Leica Lino L4P1 Elektro Praussは、ドイツのマルクロニンゲン市で1980年に設立されました。現在は、創業者の息子であるDennis...

progressive contractor

コンパクト設計の建築用ライン、ドットとコンボレーザーレベル

このブログでは、ラインとドット、そしてコンボのレーザーレベルについて話します。 このクラスのツールには、さまざまな名前が付いています:レーザー墨出し器、ラインジェネレーター、自動補正レーザー、ラインレーザー、レーザー水準器、ポイントまたはドットレーザー、等々。 細かい話に入る前に、重要なことをひとつ:作業をするのが主に屋外なら、プロフェッショナルな受光器が付いた、より正確な回転式レーザーといった、より堅牢なモデルをご検討ください。 コンパクトなレーザーレベルの多くは、ラインレーザー受光器を使うことで屋外30mまで使用できますが、しかし本来は屋内用に設計されています。 例えばMilwaukee Sawzall®に目の細かい刃を取り付けることはできます。でもだからと言って、それが迫頭を切るのに適した工具になるわけではありません。 レーザーレベル入門 以前、低品質のレーザーレベルを使ってしまったためにひどい目にあった請負業者のお話を聞いたことがあります。 数年前、多くの前向き思考の人がレーザーレベルを使い始めましたが、その品質のために色々苦労を強いられたました。 日曜大工レベルの製品をプロフェッショナルな工具として売ろうとするメーカーがいるため、常にリスクが伴います。 以下に、レーザーレベルに関する主要情報をまとめましたので、自分に合った製品の下調べをするときに、どんなことに気をつけるべきなのかの参考にしてください。 では、コーヒーでも片手に、ごゆっくりどうぞ。...