InTheWildへ戻る

09/06/2019

3Dレーザースキャンテクノロジーが店舗デザインを、いかに全く新しいレベルに高めたか

Leica BLK360 in a retail space

Leica Geosystemsのビジネス デベロップメント マネージャーであるStuart Loachが、、小売業の成功に不可欠で、かつ魅力的なショッピング環境を作るために、3Dレーザースキャンテクノロジーが世界や英国でどのように活用されているかを説明します。


今日の小売環境において、ビジュアル面で印象的であることと、感性に訴えるような魅力的なショッピングスペースであることの両方を兼ね備えるには、多くの課題があります。しかし、現在の技術ソリューションによって、これらの課題が好機として急速に変わってきており、小売業者が全く新しい魅力的な環境を革新し提供することが出来るようになりました。 

ロボット工学から顔認識ソフトウェアに至るまで、世界中の小売企業がワークプロセスを合理化し、手作業の生産性を高め、さらにチームの創造性と革新的なスキルを活用することを可能にしました。これらすべての利点を組み合わせることを目指して、3Dレーザースキャンテクノロジーは小売業界で採用する企業が着実に増えており、空間を設計するプロセスをシンプルにするだけでなく、
印象的な空間を提供するために重要な、創造的な自由を生み出すことも可能です。
 

最終的に、Leica BLK360 イメージングレーザースキャナーなどの3Dスキャンテクノロジーを活用することで、店舗デザイナーと店舗設計者は、既存の空間データと寸法を非常に詳細にキャプチャし、正確な計画を立てることが出来るのです。

小売店のデジタル化が進むにつれて、ハイストリートの店舗経営者は、店舗を機能的なユニットから体験的な場所に変えざるを得なくなるでしょう。Leica BLK360などのデバイスによって取得されたデータは、後でも見ることが出来るデジタル記録を提供し、3D視覚化と仮想「フライスルー」エクスペリエンスの開発に使用して、チームが体験型小売環境を作り上げるための計画、設計、契約プロセス全体で協力出来るようになります。

 

英国で、サービスを改善するためにこのテクノロジーを使用しているビジネスの例が、A. Edmonds&Co. Ltd. です。LondonとBirminghamにオフィスを構えるこれらの建設作業員は、Leica BLK360を使用して、1回の訪問で複雑な室内環境をすばやく調査し、その詳細情報から設計の準備しています。マネージングディレクターのDavid Edmonds氏はこの技術を称賛し、「Autodesk®ReCap™Proソフトウェアを使用して、建物の写真表現と建物内をフライスルーする機能を使えることは、設計プロセスにおいて非常に貴重であると確信しました。」これにより、現場に到着して作業に入る前に、考えられる問題領域を特定することが出来るようになったのです。   

3Dレーザースキャニングテクノロジーが小売業者により広く採用されるようになると、作業空間全体の提供時間が改善されるだけでなく、イノベーションや新しいアイディアの余地も生まれることが期待されます。このテクノロジーが実現する可能性と将来のショッピング環境を考えると、私たち全員がハイテンションで仕事をすることが出来ます。 

この記事は、A1 Retail Magazine に掲載されました。

共有する

コメントを見る

コメント

コメントを追加

制限付き HTML

  • 使用できるHTMLタグ: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。