Richard Youngblood Architecture

Leica BLK3Dがラスベガスに貢献: 建築家 Richard Youngbloodとカジノのリモデリング

ラスベガスは、シナトラの時代から長い間アメリカの娯楽の場として知られていましたが、カジノ、ホテル、商業スペース等の素晴らしい建築プロジェクトも有名です。建築デザインの世界を刺激し、絶えず変化する文化的影響に対応するために、カジノはしばしば改造され、ゲストに最高の体験を提供します。 ラスベガスのYoungblood Architectureの建築家・兼校長であるRichard Youngblood氏は、35年にわたりカジノの構築と改造を専門としてきました。彼は現場で多くの時間を費やし、建築の状態を確認し、既存の状態を記録、更新し続けています。彼の最近のゲーム関連プロジェクトには、Stratosphere Casino、Arizona Charlies、Aquarius Casino Resortでの多数の改造がなどがあります。会社がBLK3Dを導入したことで仕事の効率化が進み、彼らのビジネスゲームを大きく変えました。 BLK3Dは、写真から測定するように設計されています。(技術的には写真測量法として知られています) これは、効率、速度、および精度において従来の測定を上回る方法です。Youngbloodの5人のチームは、全国で27のアクティブなプロジェクトを管理していますが、その多くは複雑なものです。「カジノは構造上、簡単ではない複雑なケースが多いのです。プロジェクトは非常に速いペースで進みます。」と彼は言います。「多くの場合、カジノは何度も改造されていくため、最終的な完成図というものがないのです。」 この課題を克服するために、Youngbloodは、BLK3Dで測定することで、アズビルドの状態を素早く記録、文書化ししています。彼の継続的な成功を支えているのが、BLK3Dの写真測量機能と効率性、そして精度の高さです。「BLK3Dは、我々にとって大きなゲームチェンジャーでした。」と、Youngblood氏は述べています。「現地調査がより高速かつ正確になりました。全てが揃った1つのツールを、現場で使用して、オフィスに持ち帰るだけです。」 不夜城のラスベガス...

Leica BLK360 in a retail space

3Dレーザースキャンテクノロジーが店舗デザインを、いかに全く新しいレベルに高めたか

Leica Geosystemsのビジネス デベロップメント マネージャーであるStuart Loachが、、小売業の成功に不可欠で、かつ魅力的なショッピング環境を作るために、3Dレーザースキャンテクノロジーが世界や英国でどのように活用されているかを説明します。 今日の小売環境において、ビジュアル面で印象的であることと、感性に訴えるような魅力的なショッピングスペースであることの両方を兼ね備えるには、多くの課題があります。しかし、現在の技術ソリューションによって、これらの課題が好機として急速に変わってきており、小売業者が全く新しい魅力的な環境を革新し提供することが出来るようになりました。 ロボット工学から顔認識ソフトウェアに至るまで、世界中の小売企業がワークプロセスを合理化し、手作業の生産性を高め、さらにチームの創造性と革新的なスキルを活用することを可能にしました。これらすべての利点を組み合わせることを目指して、3Dレーザースキャンテクノロジーは小売業界で採用する企業が着実に増えており、空間を設計するプロセスをシンプルにするだけでなく、 印象的な空間を提供するために重要な、創造的な自由を生み出すことも可能です。 最終的に、Leica BLK360 イメージングレーザースキャナーなどの3Dスキャンテクノロジーを活用することで、店舗デザイナーと店舗設計者は、既存の空間データと寸法を非常に詳細にキャプチャし、正確な計画を立てることが出来るのです。 小売店のデジタル化が進むにつれて、ハイストリートの店舗経営者は、店舗を機能的なユニットから体験的な場所に変えざるを得なくなるでしょう。Leica...

blk360

BLK360によって、伝統と現代建築の融合に挑むDRM Architett

2006年にミラノにDRM Architettiを設立して以来、DRM Architetti は、建築プロジェクトや学校、大学、住宅、オフィス、ショップ、バー、レストラン、ホテルのマスタープラン構築などのさまざまな分野で実績と知見を培ってきました。イタリア、スイス、フランス、ケニアなど数か国で事業を展開するDRM Architettiは、設計から施工管理まで、一貫した建築設計サービスに必要な知見だけでなく、Leica BLK360を用いた新しいソリューションも提供します。同社のデザイナーは、インテリアデザイン、都市計画とデザイン、景観デザイン、展示デザインのサービスにも注力しています。 品質へのこだわり DRMスタジオは歴史的建造物を専門とし、古典的建築様式と現代建築様式を組み合わせることにおいて特別な専門技術を開発しました。チームは常に新しいインテリアデザインのトレンド動向を注視し、現代的かつ機能的な建築を目指し、革新的で環境に優しい資材に焦点を当てています。また、作業のワークフローを最適化するべく最新技術の導入にも力を入れています。 「我々は、数年前からスキャナーを探していましたが、市場で入手可能な製品、特に測量士や地形学者向けのツールは、手の届く価格ではありませんでした。BLK360が発表されたときは詳細なリサーチを行い、投資するに値するツールであるとわかり、すぐに、迷わず、購入しました。」ミラノ大学Politecnico diを卒業したDubiniは、著名なイタリア人建築家であるLuigi Caccia Dominioni...

disto

ライカ ジオシステムズと3877、イメージングレーザースキャニングを通じて、フィットネススタジオ「Pulse Fitness」のリフォームに挑む

Leica BLK360、商業用建築とデザイン業界の「軽量化」を実現 スイス、ヘルブルグ – 2019年5月15日 –Leica Geosystems(測定技術界の最大手で、Hexagonグループの一員)と、3877 Designは、5000平方フィート(約464平米))のフィットネススタジオの大規模リフォーム事業を手がけました。3877 Designは、富裕層向け事業、住宅、マルチファミリー、レストラン、ホスピタリティーのプロジェクトに特化した企業です。このプロジェクトにより、複合施設の商業空間でイメージングレーザースキャナーを使用することの威力を実証しています。 複合用途の商業ビルを対象とするデザイナーや建築家は、空間をリフォームする際に様々な複雑な課題に対処します。3877 Designとその顧客であるPulse Fitnessは、空間のの不正確な図面、壁の裏側に関する知識の欠如に直面し、1つの壁が、建物の駐車場の傾斜路に隣接するという設計を織り込む必要がありました。建物には、フィットネススタジオと配管を共有する空間の上にある人気のコーヒーショップなど、さまざまなテナントや会社がありました。Pulse...

Leica BLK2GO on black background

初のハントヘルド型イメージングレーザースキャナー BLK2GO の解説

ラスベガスで開催された2019年のHxGN Liveカンファレンスで、世界初の完全ハンドヘルド型イメージングレーザースキャナーBLK2GOを発表しました。Juergen Dold(President of Hexagon Geosystems)が紹介し、Burkhard Boeckem(Chief Technology Officer)が詳細説明を行いました。BLK2GOは、全てのユーザーがリアリティーキャプチャを通じて、既存のワークフローを強化し、これまでに無い新しい応用に繋がるよう設計されています。 スピード、モビリティ、セルフナビゲーション BLK2GOは、モビリティ、高速、操作性、そして、高精度に重点を置いた、エキサイティングなレーザースキャン機能とイメージング機能を兼ね備えています。BLK2GOを使用する際は、電源を入れ、オブジェクトまたは構造物の上下、および本体の後方の空間を歩きながらデジタルキャプチャします。連続スキャンは、充電式バッテリーと、最大6時間のキャプチャする容量を備えたオンボードストレージを使用することで可能です。LiDARドームの下のBLK2GOを囲むマルチカラーでセグメント化されたライトガイドは、スキャンのガイダンスとデータ品質に関するリアルタイムのフィードバックを提供します。 BLK2GOはSLAM(Simultaneous...

Leica BLK247 on black background

セキュリティーや管理に特化したリアリティキャプチャセンサーBLK247を発表

Leica BLK247は、Leica GeosystemsのBLKシリーズにおける最新のリアリティキャプチャ製品としてBLK2GOと共にに加わりました。これはラスベガスで行われた2019年HxGN LiveカンファレンスでJuergen DoldとBurkhard Boeckemによって発表されました。BLK247は、初のリアリティキャプチャセンサーです。LiDARベースで、24時間年中無休の連続3Dモニタリングと空間内の変化検出が可能です。 エッジコンピューティングと三次元変化検知 唯一、CAT-5イーサネットケーブルがあるBLK247は、センサーフュージョンテクノロジー(LiDAR、イメージング、エッジコンピューティングの組み合わせ)を使用して、空間内の三次元変化を監視およびレポートします。たとえば、空港ターミナルなどの人混みの激しい空間で忘れられていたスーツケース等が検知され、担当スタッフに直ちに報告されます。 BLK247は、侵入や不正アクセスを検出するため、空間やオブジェクト(美術館の貴重な作品など)の周りに3Dデジタルフェンスを構築することも出来ます。また、従来のバックエンドセキュリティまたは監視システムに1対1でマウント可能です。 新しいリアルタイムLiDARアプリケーション BLK247のアプリケーションは、- セキュリティ、監視、ビル運用などの実用的な用途から、クリエイティブな用途を超えたものまで...

blk360

Elton Johnの舞台芸術のデジタル化: Beings Digital社とライカ ジオシステムズのケーススタディ

10年にも及ぶイベントや体験型マーケティングに携わる中で、会場計画や技術的な図面の間違いに遭遇する経験も多かったDave Johnstone(デイヴ・ジョンストン)は、もっと簡単な方法があるはずだと考えていました。Leica BLK360イメージングレーザースキャナーと出会ってすぐに、Johnstoneは正確なデジタルリアリティキャプチャが、彼の業界にとって大きな変化をもたらす可能性があると確信したのです。彼は早速デバイスを購入し、その機能を活用する会社Beings Digitalを設立しました。 体験型イベントは企業にとって非常に価値のあるものです。珍しいデザインの建物や、建築業界で革新的でユニークなスペースでイベントが開催されることもあり、感性を刺激することで来場者を魅了し、注目を集め、ブランドの知名度を高めることにつながります。Elton Johnの「Farewell Yellow Brick Road Tour」のイベントの大成功裏には、Beings Digital社によるステージデザインのデジタル化が大きく関わっています。ステージの中央アーチ用に作成されたデザインのデジタル化には、クリエイティブチームと建設チームによるコンセプト構築、臨場感あふれる体験を実現するためのテクノロジー、信頼性のあるデータ、そして正確な現場計画が欠かせません。しかし、技術的な正確さを提供するこは困難を伴うこともあります。 不正確な情報がもたらす影響...