どんなCADシステムにも使えるCloudWorx suite

Leica CloudWorx Ultimateは、点群データをあらゆるCADへ、直接、送ります。CloudWorx for AutoCAD, MultiWorx for AutoCAD, CloudWorx for MicroStation, CloudWorx for Revit, CloudWorx for Navisworks, CloudWorx for PDMSに、一つのシンプルなライセンスでアクセス出来るだけでなく、スピードや高い能率性を様々なプラットフォームでのワークフローにもたらします。
 

AutoCAD、Revit、Navisworks、およびMultiWorx用のCloudWorxは、ライカ ジオシステムズのユニバーサルデジタルリアリティファイル(LGS)をサポートしているため、JetStreamとすべてのプロジェクトデータ(レイヤー、GeoTag、クリップを含む)を、一つのファイルで利用出来ます。

 

画像
Cloudworx Ultimate
画像
JetStream Enterprise
画像
JetStream Enterprise
速度

スピードと効率化を貴社のマルチCADプラットフォームのワークフローにもたらし、より早く成果を出しましょう。ファイル形式のやり繰りや各CADサービスのライセンス数の計算に時間を浪費する必要がなくなります。簡単にCADシステム間で作業をし、図面やモデルを作成し、そして設計検証を行ったり、または同一のデジタルリアリティデータを基に設計を行ったりできます。Leica JetStream Enterpriseと組み合わせることで、より高速なポイントクラウドのパフォーマンスを利用できます。

スケーラブル

あらゆる意味で、無限です。サポートされたCADシステムを通して、あらゆる規模のプロジェクトとポイントクラウドを処理したり、より簡単に提出物を作成したり、またより効率的にプロジェクトを完成させて、クライアントやステークホルダーに提出できるようになります。しかも、それを単一の究極のライセンスから行えます。

シンプルさ

特別なインストールも不要です。CloudWorx Ultimateは、既存のすべてのCloudWorxプラグインと共に使用出来るため、Leica CycloneとLeica JetStreamポイントクラウドソースの大きなデータセットを扱うことを可能にし、面倒なエクスポートやインポートのイ転送作業を不要にします。結果は、世界中と通信して共同作業することも出来ます。

互換性

Leica CloudWorx Ultimateのライセンスで、以下のCloudWorxプラグ員に完全にアクセスできます(ただしひとつずつです):

  • Leica CloudWorx for AutoCAD
  • Leica CloudWorx for Revit
  • Leica CloudWorx for Navisworks
  • Leica CloudWorx for MicroStation
  • Leica CloudWorx for PDMS
CloudWorx Ultimateには、以下が含まれます:
  • CloudWorx Ultimate 1年間のサブスクリプション

* JetStreamデータをCloudWorxに持ち込みたい場合は、JetStream suiteが必要になります。

LGSファイルをパブリッシュするには、Cyclone PUBLISHER Proライセンスが必要です。

CloudWorx Ultimateに関する詳細は、leica-geosystems.com