In the Wild

創始者のHeinrich Wildのように、新たな境地を求めてスキャンをし、感性を研ぎ澄ますために新しいツールを構築し、世界をよりよく理解するためにリアリティキャプチャを推進しています。

InTheWildに参加して、ライカ ジオシステムズのテクノロジーに関する多くのストーリーを参照ください。
BLK3D measuring accuracy

BLK3D: 精度 ベスト プラクティス

BLK3Dの中核機能であるステレオ・フォトグラメトリ・リアルタイム測定によるReality Captureワークフロー 多くの計測機器と同様に、最善の精度と安定した結果を得るためには、多くの関係する要因を考慮する必要があります。巻き尺やレーザー距離計にも同じことが言えますが、それらの考慮すべき事項はすでに《常識》となりました。 以下で説明する内容は、BLK3Dで測定する際に最善の精度を得るためのベストプラクティス詳細です。 Leica BLK3D: 精度 ベスト プラクティス BLK3D インピクチャ測定の精度は、3つの変数によって決まります。 測定対象物までの距離...

Leica BLK3D
Video

Leica BLK3D - インピクチャ測定による、現場の安全性を高め、現場での問題解決を可能に

BAM ConstructionのProject ManagerであるTom Lovegrove氏とSite ManagerであるMichael Reidy氏は、英国ロンドン中心部のKing’s Cross T-Zoneプロジェクトにおいて、Leica BLK3Dハンドヘルド・イメジャを十二分に活用しました。 King’s Crossに建設される54,000m2の野心的なオフィスビルは、英国で最も二酸化炭素排出量の少ないオフィスビルを目指しています。2021年1月に最高の品質基準で建設を完了させるために、さまざまなデジタル工法が採用されています。Leica BLK3Dなど、建設プロセスを改善するために設計された新しいデジタルソリューションは、このライブプロジェクトでテストされています。...

Alden employee measuring witht he BLK3D

Alden SystemsとBLK3D、5Gの本格展開
への挑戦

公益事業に従事していれば、5Gの整備に追われ、多くの課題に直面していることでしょう。公益事業に従事していなくても、5Gはユニークな存在です。従来の携帯電話の電波塔とは異なり、個々の5Gアンテナ(ノード)が電柱に取り付けられ、データや携帯電話サービスを提供します。

Video

BLK3D ソフトウェア オプション

BLK3D Mobile / Desktopのサブスクリプション オプションについて説明します。

画像
Flatiron building in New York City

BLK3Dの測定データから、ニューヨーク市の歴史的ファサードの修復時の石材切断

Structural Stone Conceptsの社長であるJim McMahon氏は、BLK3Dが業務遂行に役立っている理由を尋ねられると、まったく躊躇せずに答えました。 "夜、ぐっすり眠れるようになりました。" Jim氏は、歴史的な石造ファサードの保存に特化した石材サプライヤーであり、Structural Stone Conceptsは、石工事事業者がニューヨークの歴史的建造物を修復する石材を供給、測定、提供している最大のサプライヤーです。 ニューヨーク歴史的保存局と協同による、歴史的な学校やその他の建物の石灰岩や花崗岩のファサードを取り替えをしています。 このようなファサードの改修時には、装飾的な要素も含めて、元の建物と正確に一致させなければならず、従来からある建造物を維持するためには、常に正しい寸法で測定しなければなりません。 Jim氏が行うプロジェクトは完成までに非常に費用がかかるだけでなく、1つの測定誤差が後々のトラブルの原因にもなります。 彼は、いままで、巻き尺やカメラ、ペンや紙などの手作業による測定方法に依存して来ました。...

Leica BLK360 in front of Knowlton Church

 

Video

BLK3D Mobile - 3D Imageによる測定

3D Image上で測定する手順を説明します。

Lake Bill Tosolini Productions

Tosolini Productions、BLK360、Unity EngineがVRで語るシアトルの記憶

ビジネスストーリーは、会社のプロモーション、潜在的な顧客からの購入促進、新しい従業員の採用に大きな役割を果たします。会社の物語を語る上で、リアリティキャプチャの技術が、多く採用されてきています。シアトルを拠点とするTosolini ProductionsのPaolo Tosolini氏は、新しいメディア — イベント用のインタラクティブなタッチスクリーンソリューション、3Dバーチャルツアー、AR/VR/360の没入型メディアなどを使用し、DeloitteやMicrosoftをはじめとした企業のビジネスストーリーを専門としている企業です。 Paplo氏と彼のチームは、複数の種類のリアリティキャプチャとイメージング技術を活用して、ワシントン州レドモンドにあるMicrosoftのキャンパスにある、最近の改装により無くなってしまった屋外スペース「Lake Bill」など、シアトルとその周辺の重要な建物やランドマークをデジタル保存しています。 しかし、なぜMicrosoftにとってLake Billを保存することがそれ程、重要なのでしょうか?GeekWireのNat Levy氏によると「ベテランのMicrosoftiesの間では、誰もが知る場所」であるとのことです。マイクロソフト元従業員がユーザーコミュニティQuoraの中で、「MicrosoftキャンパスのLake Billの裏話はありますか?」という質問に答えています。Lake Billは、「数々のプロモーションや悪ふざけのロケ地」であり、この従業員はかつて出勤して「Windowsの最新リリースを宣伝するために湖全体が覆われるほどの数の青いエクササイズボール/バランスボールが浮かんでいた」こともあったといいます。また、「Bill...