@InTheWildへ戻る

02/25/2019

BLK360よくある質問

作成 lindsay.walker

blk360 blog photo

ワンボタン・オペレーションによって、Leica BLK360は、3Dレーザースキャンニングをシンプルで簡単なものにしました。よくある質問の解答によって、さらにBLK360を使用することが平易になると思います。質問をクリックすると、その答えが表示されます。  

1. BLK360のデモの依頼は出来ますか?
2. BLK360はインターネットがなくても使用できますか
3. 近くでデモが可能かについては、お問い合わせフォームをご利用ください。
4. BLK360はどのようなファイル形式で保存されますか?どのファイル形式がReCap/BLKのデータと互換性がありますか?
5. BLK360は、非常に暗い部屋や非常に明るい部屋でも使用できますか?
6. BLK360には、どのようなサーマルイメージング機能がありますか?
7. BLK360を購入時の付属品は何がありますか?
8. BLK360の精度は?
9. BLK360は、逆さにしても作動しますか?
10. BLK360をキャリブレーションする必要はありますか?どのくらいの頻度で、どのようなプロセスですか?
11. BLK360が測定可能な、最小、最大の部屋の大きさはどのくらいですか?
12. スキャンを続けて行う時、どのくらいBLK360を動かす必要はありますか?

 

スクロールダウンして、各質問に関する説明の詳細を参照ください。

1. BLK360のデモの依頼は出来ますか?

現在、多くの主要地域でBLK360のデモを行っておりますが、全ての依頼にお応えできる状態ではありません。近くでデモが可能かについては、お問い合わせフォームをご利用ください

また、セットアップ方法や現場でのスキャン、データのインポートやスキャン後のデータの扱い方など、幅広く説明しているビデオライブラリをご利用いただくこともできます。

何か業界イベントに参加される方は、Leica BLK360のブースにお立ち寄りいただければ、そこでデモを見ることもできます。

iPad


2. BLK360はインターネットがなくても使用できますか?

はい!BLK360はそれ自体がWiFiホットスポットになるので、50mまでの範囲内でiPad Proやデスクトップコンピュータに接続できます。操作中にiPad ProをWiFiに接続することで、スキャンを閲覧したりBLK360の設定をその場で変更したりすることができます。

またWiFiホットスポットは、スキャン結果をiPadやデスクトップで登録または処理するためにBLK360から転送するのに使用する主な方法でもあります。

いずれの場合も、インターネット接続は必要ありません。


3. 近くでデモが可能かについては、お問い合わせフォームをご利用ください。

ReCap Pro for mobileは、BLK360のために特別に作られたiPad専用のアプリです。ReCap Proのサブスクリプションに無料で含まれています。これを使って、BLK360を現場で遠隔から操作または調整することができます。また、BLK360からReCapデスクトッププログラムに最も素早くそして簡単にスキャンデータを転送する方法でもあります。

スキャンデータをReCap Pro for Desktopに転送したら、それを他のAutodesk設計ツールにエクスポートする前に、ポイントクラウドをクリーンアップまたは編集できます。ワークフローに関する詳細は、こちらを参照ください。 

at desk


4. BLK360はどのようなファイル形式で保存されますか?どのファイル形式がReCap/BLKのデータと互換性がありますか?

ワークフロー次第で、BLK360はいくつかのファイル形式を用います。

  • ReCap Pro Mobileの場合は、ファイルは標準的な.RCP形式になります。デスクトップのReCap Proでは、.e57や.PTSなどのファイルタイプにエクスポートできます。
  • Leica BLK360のiPad Proアプリでは、エクスポートは.e57ファイルになります。 Cyclone Registerに直接インポートする場合は、ファイル形式は.IMPです。また、パノラマ画像や間取り図は、.DXF形式でエクスポートできます。
  • BLK Data Managerを使ってダウンロードする場合は、スキャンは.BLKとしてエクスポートされるため、この時点ではCycloneまたはRegister360にしかインポートできません。

PTX、FLS、STLそしてOBJなど他のフォーマットは直接互換性はありませんが、追加のソフトウェアでサポートされています(REGISTER360、3DReshaperなど)。


5. BLK360は、非常に暗い部屋や非常に明るい部屋でも使用できますか?

暗さや明るさは、画質には影響しますが、スキャンデータのクオリティには影響しません。よって、暗いところをスキャンすると、キャプチャーされた画像も暗くなってしまいます。明るいところをスキャンしている場合は、HDR設定で暗くすることができます。暗い場所または反射する表面も、画質を落とします。いずれにしても、スキャンデータには影響しません。これがどんな感じになるか、また最高品質のスキャンを得るためのコツなどに関しては、このビデオを参照してください

blk360


6. BLK360には、どのようなサーマルイメージング機能がありますか?

BLK360はサーマル画像センサーを内蔵しており、よってサーマルイメージングは行うことができます。すべてのスキャンには、70V x 360Hzのパノラマサーマルイメージが含まれています。これにより、カラースケールをで温度を確認することできるようになっています。サーマルセンサーは+/-1Cの範囲で調整されています。この機能は、エネルギー測定をしたいプロジェクトに便利です。


7. BLK360を購入時の付属品は何がありますか?

BLK360の標準パッケージには、本体と運搬用シェル、チャージャー付きバッテリー、そしてグローバルアダプターが同梱されています。また、ReCap Proへの1年サブスクリプションが付いており、ReCap Pro mobileにもアクセスできます(iPad Proは付属しません)。なお、ミッションキットをお求めになると、BLK360用キャリングケース、予備バッテリー2本、追加の充電器、自動車用充電器、そして折り畳み式三脚が付きます。


8. BLK360の精度は?

精度は、BLK360本体がスキャン対象からどの程度離れているかに依存します。推奨スキャン距離である10mでは、BLK360の精度は6mmです。距離が延びると、精度は落ちます。20mでは、精度は8mmです。


9. BLK360は、逆さにしても作動しますか?

はい!まず、本体をBLK360三脚に必ず取り付けてください。それから、三脚のハンドルを持ち、本体を逆さまにし、ハンドルが本体の上の位置になるようにひっくり返します。本体のボタンを押すか、iPadを使ってスキャンを開始します。

BLK360はBLK360三脚アダプターを使ってカメラ用三脚に付ければ、逆さまでもスキャンを実行出来る性能も兼ね備えています。


10. BLK360をキャリブレーションする必要はありますか?どのくらいの頻度で、どのようなプロセスですか?

既にキャリブレーションされていますので、BLK360をキャリブレーションする必要はありません。不具合が発生しないように、本体を持ち運ぶ時は純正のケースに本体を必ず入れてください。
複数の部屋を移動しながらスキャンする時は、三脚を持ち、本体が直立した状態で行ってください。


11. BLK360が測定可能な、最小、最大の部屋の大きさはどのくらいですか?

BLK360には測定対象の大きなに関する何らかのスペック上の制限はありません。しかし、2つのことを注意してもらう必要があります。

  1. スキャンストレージ容量
    本体自体で保存出来るのは、約100スキャン(ミディアム)分のデータです。ストレージの問題はiPadに転送した後、本体のデータを削除すれば、支障をきたすことはないはずです。スキャンデータの削除手順は、このページを参照ください。
  2. 測定対象と本体の距離

    測定対象物から45m離れてしまうと、解像度が大きく落ちてしまします。スキャンをする時には、対象物から約1.5m~3m離れた位置がベストです。

12. スキャンを続けて行う時、どのくらいBLK360を動かす必要はありますか?

大きなオープンスペースをスキャンする時には、スキャンの間隔として、BLK360を約18m離れた位置に置き、スキャンすることが可能です。しかし、スキャンの間隔の理想的な長さは、8m~9mです。
複数の部屋をスキャンする時には、ドアの付近でスキャンを実行してください。
スキャンをする時には、データを合わせる時の精度を確保するためにも、前のスキャンと約50%オーバーラップするようにすることが大切です。

長い廊下や同じスペースが多くある場所のスキャンは、難易度が上がります。これらの場所をスキャンする時には、マーカーやターゲットを使用するのがベストです。 

共有する

コメントを見る

コメント

コメントを追加

制限付き HTML

  • 使用できるHTMLタグ: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。