@InTheWildへ戻る

02/26/2019

BLK360: What’s Next?

作成 lindsay.walker

img 3009

まず最初に、BLK360とReCap 360 Pro製品発表に対して、熱狂的な反応をいただき、ありがとうございます。

BLK360とRecap 360 Proのエンジニアは、Autodesk Universityでの発表以来このバンドルの出荷準備のために、必死に頑張ってきています。ただ、それだけをしていたわけではありません。

BLK360は今年のラスベガスのCESにて、デジタルイメージングカテゴリーで受賞をしておりSan Diego TribuneWiredなどのメディアで取り上げられてもいます

BLK360はまた、フォトニクス学会であるSPIEのによるPrism Awardにおいて、計測学のカテゴリーのPhotonics Innovationで最終選考まで進みました。

BLK360をさっそく入手したい場合は、初期出荷分に対する予約枠がわずかに残っています。  すべて売り切れになる前に、是非ご予約下さい。今なら、Recap 360 Proが半額になります。

BLK360を予約する

興奮もそうですが、興味深い質問も届いています。人気のトピックには、次などがあります:

仕様書はどこですか?

BLK360の初回仕様書は、こちらを参照してください

サンプルデータはいつになりますか?
おそらく、3月下旬です。

屋外での性能はどの程度ですか?

BLK360の屋外での性能は他の60mスキャナーに相当するものです。どんなスキャナーでもそうですが、性能は周囲の環境に大きく左右されます。

ワークフローはどのような感じですか?

BLK360はiPad Pro上で動作するReCap 360 ProにWiFiで接続するので、現場でもデータの登録ができます。

ワークフローに関しては、データセットをリリースする頃に同時に公開する予定です。これはおそらく、2月になるはずです。 

BLK360を使ってVRコンテンツを制作することはできますか?

もちろんです。設計コンセプトを可視化したり、またはゲームのアプリケーションなどにおいて、3DデータはVR空間で大きな影響があると確信しています。

AutodeskとLeicaの製品チームは、通常製品チームがローンチ前に行うようなことをすべて、現在必死になってやっています。ハードウェアとソフトウェアの仕様、そしてワークフローのプロセスをまとめるにつれ、このブログで逐次発表して参ります。

数週間に1回は新しい投稿を公表する予定です。詳細が出るたびに通知が欲しい方は、以下でサブスクライブしてください。

John Rowlesは、Leica GeosystemsのBLK360のEコマースマネージャーです。BLK360は、本ウェブサイトで専属的に販売されます。

共有する

コメントを見る

コメント

コメントを追加

制限付き HTML

  • 使用できるHTMLタグ: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。