In the Wild

創始者のHeinrich Wildのように、新たな境地を求めてスキャンをし、感性を研ぎ澄ますために新しいツールを構築し、世界をよりよく理解するためにリアリティキャプチャを推進しています。

InTheWildに参加して、ライカ ジオシステムズのテクノロジーに関する多くのストーリーを参照ください。

apps devices

Leica DISTOと各種アプリ - 全て見ましたか?

スマートフォンとタブレットは、私たちの生活に欠かせないものとなりました。 日々の生活の中で、ソーシャルメディアにアクセスしたり、オンラインショッピングをしたり、ニュースや天気予報を読んだり、または道案内に使ったりなど、常にそういった機器を使用しています。 同様のことが、私たちの仕事の中でも起きています。メールをアクセスしたり、情報交換したり、そして最も重要なこととして、日々の業務を改善させるために適切なアプリを使用したりしています。 それは、自分のチームのためのチャットグループなど、最初は簡単なことからはじまります。 そしてプロジェクトチームでスマートフォンを使ってパンチリストや文書のやり取りや、時間管理などを行うようになります。 ゆくゆくは、ソリューションとして使用するようになります。現場の作業員が現場のデジタルモデルにアクセスしたり、一元化された場所で作業、更新、微調整、そして文書化などを行うようになるのです。各メンバーは、好きな時に必要な情報にアクセス出来るようになります。 これらデバイスがこれほど人気になり、そして私たちの生活にとって必需品となったのには、いくつもの理由があります。 最も大きな理由の一つとして、世界中で何百万人という人が、あらゆる用途のためのアプリを作っているということがあります。 アプリとは、日々私たちが公私にわたって直面するさまざまな問題を解決してくれる小さなツールです。 今日一日だけで、どれ程の数のアプリを使ったか、ちょっと考えてみてください。 私に関して言えば、毎日約13種類のアプリをさまざまな目的で使っています。 まず、朝は天気予報と最新ニュースからはじまり、通勤前には交通情報アプリを使い、もちろんメールのアプリも使いますし、そして同僚と共同作業するのにノートアプリも使います。...

d2 bluetooth

Leica DISTO Sketch アプリによって、現場での手書きメモを即時作成できます。

新しいLeica DISTO D2には、どのような機能があるのか、ビデオを見てみましょう!

S910 Raw Angle

DISTO S910で角度を見る方法

Leica DISTO S910は、複数のセンサーから得た情報を組み合わせ、いままで困難と思われていた測定も可能にする「スマート」な機能が搭載されています。その技術の多くは、ライカ ジオシステムズに(少なくとも測量士の間では)名声を与えた測量機器から受け継いだものであり、測量士でなくてもDISTO™を使えば、そのレベルの精度結果を得られることが可能になりました。 先日、S910を所有ユーザーから、S910が角度(x、y、z)の取得したいが、その値が液晶画面に表示されないという苛立ちの連絡を受けました。仕方なく、スマート機能の結果から計算して、角度を取得しなければいけなかったそうです。 これは確かに面倒な作業だったと思います。しかし、そのようなことをする必要はDISTO transfer ソフトウェアを使えばなかったのです。 手順は次の通りです: 1. 最新版のDISTO transfer...