DISTO: PROFESSIONAL MEASURING

Good

DISTO D510

E7500i

Better

DISTO D810 Touch

D810

Best

DISTO S910

S910

E7500i

D510は、カラーLCDスクリーン、デジタルポイントカメラ、長い測定範囲、多くの最新測定機能を備えたレーザー距離計です。IP65と耐2メートル落下の現場仕様のDISTOです。  

進歩的な測定機能が現場で必要であり、アプリやソフトウェアに測定結果をダイレクトに送信をしたい不動産鑑定、保険鑑定などのユーザーにとって理想的なDISTOです。
 

200mの測定範囲 1000 ft.
14測定モード 19
内蔵されたBluetooth®Smartテクノロジーにより、測定データをPCまたはモバイルデバイスにワイヤレス転送できます。これにより、ワークフローを合理化し、複数のデバイス、アプリ、プログラム間で測定データにアクセス出来るようになります。 DISTOアプリ
そうです。1/16インチ(1.6mm)です。イヤホンを取り出してみてください。1/8インチのジャックの太さを見てください。この半分の太さです。
1回ですべての測定値を終了することができないことがあります。場合によっては、複数の測定を繋げたり、測定値から不要部分を引く方がスムーズです。加算 / 減算機能では、最終結果はメインラインに表示され、ひとつ前の測定値はその上に示されます。
面積モードでは、四角形または正方形の面積を、DISTOは測定を2回行うと計算します。体積モードでは、それに加えて3つめの高さの測定を行うと、体積を計算します。
Bluetooth®を内蔵したDISTOで測定した数値は、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)のために活用することも出来ます。Leica Geosystemsが現在の製品ラインナップで、どのようにBIMをサポートしているかに関する詳細は、弊社コーポレートサイトのBIMフィールドトリップを参照してください。
P2P機能は、2点間の高さの差も測定できます。連続して測定しながら、傾斜の測定が行えます。各測定値は、直前の数値と共に、一組のプロファイルとして保存されます。
高さトラッキング機能では、傾斜センサーからの角度の読み取り値を使用して、高さを算出します。高さトラッキング機能を使用して、まずターゲットの根元を測定します。次にDISTOを上に傾けると、レーザーが出たままで、画面はレーザーポイントが高くなるにつれて高さの値を表示します。    
インテリジェント・エンドピースは、DISTO本体後端で開閉され、内側や外側のコーナー測定、対角線測定、荒い開口部などの測定が可能です。エンドピースはDISTOサーキットボードに直結しており、エンドピースの長さはDISTOのベースから測定した距離に自動的に追加されます。  
  最小/最大モードでは、レーザーポイントをコーナーまで「振る」ように動かします。その中で最も長い距離が記録されます。室内の対角線や窓・ドアの測定に非常に便利な機能です。
ペインター機能は、高さが共通している壁の表面の合計を計算します。
機能が20種類以上ある中で、頻繁に使う機能は必ずあるはずです。お気に入り機能を使えば、タッチ画面の下部にあるタブに、頻繁に使う機能をブックマークしできます。
測定されるのは、2ポイント間の水平距離、垂直距離、ポイント間の角度です。
距離と傾斜測定結果から、水平距離を正確に測定することができます。 
ステイクアウト機能は、連続測定モードを使用し、ステイクアウト線上に印をつけることができます。同一間隔に設置したい場合に便利です。ディスプレイには、次のステイクアウトの位置までの距離を表示し、近づくとビープ音で知らせます。
測定時のDISTOの角度情報の取得は、レーザー照射位置の角度を決める高精度の360°チルトセンサーによって得ることができます。これらは、Smart Horizontalとハイトトラッキングモードに適用されます。
測定値や関連する画像を一緒に保存します。
ピタゴラスの定理を使って、間接的に高さと幅を測定します。 コツは、2番目の測定 - 「長方形ショット」- が、測定中のポイントに対して直角になるようにすることです。画像では、90度の角として描かれています。 精度を確保する方法は、三脚とアダプターを使用することです。
デジタルカメラのシャッターと同様、タイマーで測定を遅らせることができます。
台形測定機能は、屋根のケラバ部の長さやその傾斜、面積を測定する時に便利な機能です。DISTO™では、内蔵チルトセンサーを用いて、測定ポイント間の角度と距離を計算します。つまり、屋根の長さの測定を、屋根に上がらずに、地上から行うことができるのです。
正方形や長方形の部屋の場合は単純な面積測定機能が便利ですが、部屋の隅が4つ以上ある場合は、どうしたらよいのでしょうか?そんなときに、三角形機能が役に立ちます。部屋を仮想の三角形に分割して測定を繰り返し、その数値を合計します。DISTO™は、三角形の外周と角度も表示します。
大きな受光レンズと、それが接続されているモジュールは、状況次第で屋外でも200m以上までレーザードットが認識できます。

D810 touch

D810 touchは、タッチスクリーン・インターフェイスと、ポイントファインダーカメラとレーザーを同時に使用し、測定対象の幅や円柱状の物体の直径(たとえばタンク)を撮影した写真から測定するMeasure in Picture (MIP: 写真との測定) が特徴的な製品です。

間接的に長さを測定(~1%精度)することが必要な鑑定、査定業務(2番目の使用事例参照)に有効な機能であり、BIMプロフェッショナルが求めるアズビルド測定にも使用することが出来ます。

250mの測定範囲 1000ft
な機能 19
内蔵されたBluetooth®Smartテクノロジーにより、測定データをPCまたはモバイルデバイスにワイヤレス転送できます。これにより、ワークフローを合理化し、複数のデバイス、アプリ、プログラム間で測定データにアクセス出来るようになります。 DISTOアプリ
面積モードでは、四角形または正方形の面積を、DISTOは測定を2回行うと計算します。体積モードでは、それに加えて3つめの高さの測定を行うと、体積を計算します。
インテリジェント・エンドピースは、DISTO本体後端で開閉され、内側や外側のコーナー測定、対角線測定、荒い開口部などの測定が可能です。エンドピースはDISTOサーキットボードに直結しており、エンドピースの長さはDISTOのベースから測定した距離に自動的に追加されます。  
1回ですべての測定値を終了することができないことがあります。場合によっては、複数の測定を繋げたり、測定値から不要部分を引く方がスムーズです。加算 / 減算機能では、最終結果はメインラインに表示され、ひとつ前の測定値はその上に示されます。
ステイクアウト機能は、連続測定モードを使用し、ステイクアウト線上に印をつけることができます。同一間隔に設置したい場合に便利です。ディスプレイには、次のステイクアウトの位置までの距離を表示し、近づくとビープ音で知らせます。
  最小/最大モードでは、レーザーポイントをコーナーまで「振る」ように動かします。その中で最も長い距離が記録されます。室内の対角線や窓・ドアの測定に非常に便利な機能です。
ペインター機能は、高さが共通している壁の表面の合計を計算します。
そうです。1/16インチ(1.6mm)です。イヤホンを取り出してみてください。1/8インチのジャックの太さを見てください。この半分の太さです。
Bluetooth®を内蔵したDISTOで測定した数値は、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)のために活用することも出来ます。Leica Geosystemsが現在の製品ラインナップで、どのようにBIMをサポートしているかに関する詳細は、弊社コーポレートサイトのBIMフィールドトリップを参照してください。
P2P機能は、2点間の高さの差も測定できます。連続して測定しながら、傾斜の測定が行えます。各測定値は、直前の数値と共に、一組のプロファイルとして保存されます。
高さトラッキング機能では、傾斜センサーからの角度の読み取り値を使用して、高さを算出します。高さトラッキング機能を使用して、まずターゲットの根元を測定します。次にDISTOを上に傾けると、レーザーが出たままで、画面はレーザーポイントが高くなるにつれて高さの値を表示します。    
MIP (Measure in Picture) テクノロジーにより、ポイントファインダーカメラで撮影した画像内の対象物の幅、高さ、表面積、または、直径を測定することが出来ます。デモをご覧になるには、こちらをクリックしてください。
機能が20種類以上ある中で、頻繁に使う機能は必ずあるはずです。お気に入り機能を使えば、タッチ画面の下部にあるタブに、頻繁に使う機能をブックマークしできます。
測定されるのは、2ポイント間の水平距離、垂直距離、ポイント間の角度です。
距離と傾斜測定結果から、水平距離を正確に測定することができます。 
リチウムイオンバッテリーは、mini-USBで充電します。コンセントにさせば短時間で充電できます。コンピューターに接続すると、充電しながら画像ギャラリーにアクセスすることができます。
測定時のDISTOの角度情報の取得は、レーザー照射位置の角度を決める高精度の360°チルトセンサーによって得ることができます。これらは、Smart Horizontalとハイトトラッキングモードに適用されます。
オンボードデジタルカメラには、4倍ズームの「ポイントファインダー」が内蔵されており、目視できなくても、ドットがどこにあるかを示します。測定対象に照準の十字線を合わせ、ボタンを押下します。
コンパスは、こんな時に便利です:「ちょっと待った。これは北の壁面かな、それとも西かな?」あるいは、「今、どっちの方角を向いているのだろうか?」などと言う場合です。
ダイアミタ機能では、Measure in Picture (写真との測定)ーを使ってタンクなどの円柱形の物体の直径を判断します。また、円周(上の数字)と円の面積も表示されます。
このモデルでは、1回の充電で約4,000回測定できます。通常の使用環境で、3D Distoは1日分(8時間)稼働します。
デュアルレンズのデジタルカメラは、広角レンズと4倍ズームレンズを採用、Measure in Picture (写真との測定)技術を実現しています。 レーザーとチルトセンサーにより返されたデータと組み合わせることにより、ソフトウェアはレンズの固定焦点距離を用いてMIPモードでは高さ、幅と面積を。 画像は、測定値を重ねた状態で保存され、デバイス上で使用したり、またはダウンロードしたりできます。これは、施行完了時の測定や、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)に特に役立ちます。
Ingress Protection (IP)とは、電気機械器具の外郭による保護等級です。第一特性数字は、ホコリに対する保護等級を、第二特性数字は、水に対する保護等級を表します。IP54製品は、防じん形(5)と見ずの飛沫に対して保護する防滴(4)となります。  
測定値や関連する画像を一緒に保存します。
ピタゴラスの定理を使って、間接的に高さと幅を測定します。 コツは、2番目の測定 - 「長方形ショット」- が、測定中のポイントに対して直角になるようにすることです。画像では、90度の角として描かれています。 精度を確保する方法は、三脚とアダプターを使用することです。
正方形や長方形の部屋の場合は単純な面積測定機能が便利ですが、部屋の隅が4つ以上ある場合は、どうしたらよいのでしょうか?そんなときに、三角形機能が役に立ちます。部屋を仮想の三角形に分割して測定を繰り返し、その数値を合計します。DISTO™は、三角形の外周と角度も表示します。

Measure in Picture (写真との測定)

ビルトイン・カメラで写真を撮り、写真の中で測定


S910

S910は、Point to Point(P2P: 2点間距離)測定を本体のみで行える唯一のDISTOです。屋内測定での近距離測定では、スマートベースを開いて、測定位置を決め、移動することなく、1つの場所から部屋の寸法の測定をP2P機能によって、正確に行えます。測定データは、DXF出力が可能ですので、CADで使用することが出来ます。  

S910は、高度な測定が必要なインストーラー(測定データをCNCマシンで利用)に採用されるようになり、カウンタートップや商業用ガラスのような高価な部材の裁断作業に使用されています。 

P2P機能で長い距離を測定する時は、FTA-Sアダプターを使用します。FTA-Sアダプターによって、S910の長距離測定能力やデジタルポイントファインダーの様なデジタルポテンシャルを更に発揮することが出来ます。S910とFTA-Sアダプターは、S910 ProPackとして購入可能であり、手の届かない、立ち入れない屋外での測定に最適なツールです。S910 ProPackは、太陽光パネルの設置、建築設計、商業施設で従事するエンジニアに使用されています。
   

300mの測定範囲 1000ft
19測定モード 19
内蔵されたBluetooth®Smartテクノロジーにより、測定データをPCまたはモバイルデバイスにワイヤレス転送できます。これにより、ワークフローを合理化し、複数のデバイス、アプリ、プログラム間で測定データにアクセス出来るようになります。 DISTOアプリ
面積モードでは、四角形または正方形の面積を、DISTOは測定を2回行うと計算します。体積モードでは、それに加えて3つめの高さの測定を行うと、体積を計算します。
インテリジェント・エンドピースは、DISTO本体後端で開閉され、内側や外側のコーナー測定、対角線測定、荒い開口部などの測定が可能です。エンドピースはDISTOサーキットボードに直結しており、エンドピースの長さはDISTOのベースから測定した距離に自動的に追加されます。  
1回ですべての測定値を終了することができないことがあります。場合によっては、複数の測定を繋げたり、測定値から不要部分を引く方がスムーズです。加算 / 減算機能では、最終結果はメインラインに表示され、ひとつ前の測定値はその上に示されます。
ステイクアウト機能は、連続測定モードを使用し、ステイクアウト線上に印をつけることができます。同一間隔に設置したい場合に便利です。ディスプレイには、次のステイクアウトの位置までの距離を表示し、近づくとビープ音で知らせます。
  最小/最大モードでは、レーザーポイントをコーナーまで「振る」ように動かします。その中で最も長い距離が記録されます。室内の対角線や窓・ドアの測定に非常に便利な機能です。
ペインター機能は、高さが共通している壁の表面の合計を計算します。
そうです。1/16インチ(1.6mm)です。イヤホンを取り出してみてください。1/8インチのジャックの太さを見てください。この半分の太さです。
Bluetooth®を内蔵したDISTOで測定した数値は、ビルディング・インフォメーション・モデリング(BIM)のために活用することも出来ます。Leica Geosystemsが現在の製品ラインナップで、どのようにBIMをサポートしているかに関する詳細は、弊社コーポレートサイトのBIMフィールドトリップを参照してください。
P2P機能は、2点間の高さの差も測定できます。連続して測定しながら、傾斜の測定が行えます。各測定値は、直前の数値と共に、一組のプロファイルとして保存されます。
高さトラッキング機能では、傾斜センサーからの角度の読み取り値を使用して、高さを算出します。高さトラッキング機能を使用して、まずターゲットの根元を測定します。次にDISTOを上に傾けると、レーザーが出たままで、画面はレーザーポイントが高くなるにつれて高さの値を表示します。    
MIP (Measure in Picture) テクノロジーにより、ポイントファインダーカメラで撮影した画像内の対象物の幅、高さ、表面積、または、直径を測定することが出来ます。デモをご覧になるには、こちらをクリックしてください。
機能が20種類以上ある中で、頻繁に使う機能は必ずあるはずです。お気に入り機能を使えば、タッチ画面の下部にあるタブに、頻繁に使う機能をブックマークしできます。
測定されるのは、2ポイント間の水平距離、垂直距離、ポイント間の角度です。
距離と傾斜測定結果から、水平距離を正確に測定することができます。 
リチウムイオンバッテリーは、mini-USBで充電します。コンセントにさせば短時間で充電できます。コンピューターに接続すると、充電しながら画像ギャラリーにアクセスすることができます。
測定対象の輪郭を測定するのみ - 時計回り、または、反時計回りで - 結果はディスプレイに直ぐに表示されます。複雑な形状でも測定が可能です。
DISTO内蔵のチルトセンサーは、レベリング・ツールとしても使用出来ます。
このモデルでは、測点情報をDXFファイルで保存することが出来ます。測定後、DXFファイルをコンピューターのCADで使用可能です。 

DISTO S910

$1,749
S910 購入

詳細 | スペック | ダウンロード

 

 


SMART Area

間接的な2点間距離測定に加え、S910は、面積も測定することが出来ます。