画像
BIM and DISTO

3D Disto

複雑な3D測定値を取得するだけでなく、CADデータを使って位置だしもできる、モーター付きDISTOです。

BUY NOW

ライカ ジオシステムズの3D Distoは、高精度3次元測定、位置だしができるユニークなツールです。3D Distoの速度と精度は、次のような用途において類を見ない効率をもたらします:


 

  • CADテンプレートの作成: CNCも、元となるファイルが正しくなければ、宝の持ち腐れです。3D Distoは、現実とCADの橋渡しをします。材料をカットする際に、寸法が正しいとわかっているなら、どんな高価な材料でも自信をもってカットできます。

  • 3Dのビジュアル化とナビゲーション: 最新のLeica 3D Disto Windows®版ソフトウェアでは、測定結果を3次元表示が可能になりました。この3Dのナビゲーションにより、測点のチェックがさらに容易になりました。

画像
3D Disto front view
  • 現況(As-Build)測定:仕事を進める上で、予想外のことが発生しないようにするには、初めの段階から状況を正確に把握しておくことが何よりも大切です。 3D Distoなら、3次元の座標を正確に測定するので、安心して設計できます。裁断や輸送が困難であったり、高額な材料を扱う場合、またはオフサイトで加工される場合などでは、現況測定の精度がいかに重要か、説明するまでもありません。

  • ビルディング・インフォメーション・モデリング (BIM): DXFデータをWindowsタブレットに取り出し、3D Distoをアンカーポイントのレイアウト、高さの墨出し、建築時の重要な位置出しに使用します。

画像
3D DISTO App

測定も切断も、一回だけ。

3D Distoを使い、どのようなことをするにしても、精度はとても重要です。形は、機能に従います。3D Distoは、測量技師のトータルステーションとハンドヘルドのDISTOとの中間的な存在です。 

モーター付きトータルステーション同様、3D Distoの水平・垂直回転軸は電動です。レーザーポイントを手動で正しく測定開始位置に設定し、コントロールユニットのタブレットまたはWindowsタブレットをタップしながら、ビデオフィードを使って測定対象を確定します。さらに、レーザーポイントがクロスヘアに収まるよう、3D Distoの微調整を行います。

これはレーザーのお陰でもありますが、1mm @10m の精度を実現するために、3D Distoはトータルステーションでも採用している角度センサーを用いて、水平角と鉛直角そして斜距離を測定します。これは、Leica Geosystemsが90年以上にわたって磨き上げてきた技術です。