画像
Leica Lino Technology

Leica Lino テクノロジー

水平であるべき時。

 

湿気。汚れ。水平。

Leica Linosの保護等級(IP)54です。最初の5の数字は、「防塵」であることを意味します。2番目の数字4 は、「防滴」デバイスに損傷を与えない程度に濡れても問題ないことを意味します。

IPコードとIEC 60529規格の詳細については、Wikipediaを参照してください。

 

画像
Lino with lock engage projection angled line

セルフレベリング

Leica Linoレーザーレベルのレーザーエミッタは、投影ラインが完全に水平、垂直、またはその両方になるように、高精度ジンバルベアリングに取り付けられた振り子に取り付けられています。 

Linoが振り子の補正能力を超える角度で設置されている場合、振り子ロックがかかっていない限り、Linoはレーザーラインを点滅させて、ラインが水平でないことを知らせます。

振り子ロックには、2つ役割があります: 1つ目は、仕事の移動中や落下時、粗雑な扱いにより機能が停止することを防ぐためです。

2つ目は、振り子ロックがあることで、Linoは斜めの線を投影出来ます。これは、手すりのアンカーポイントを設定するなどの作業に役立ちます。ロックがかかっているとき、Linoのレーザーラインは点滅しません。

Leica Lino購入

使用範囲

画像
Leica Lino Working Range

強力なレーザーエミッターは、大きく、光学品質のガラス開口部から明るい線を投影して、視認性の高い線を照射します。

典型的な屋内の明るさ環境では、当社の赤色レーザーは25m、グリーンレーザーは35mまで見えますが、重要なのは範囲だけではありません。Linoは、品質の低いダイオードによって生じる「ちかちか光る効果」のない、細く、くっきりしたラインを照射します。

RVL80ラインレーザーレシーバー

これは些細なことのように聞こえるかもしれませんが、数時間にわたって仕事でラインレーザーを使用している場合、性能の良いレーザー光の方が目に優しいのです。

長距離または明るい場所で、肉眼でレーザーが見えない場合でも、ラインを「見る」ことができる受光器で作業範囲を80mまで拡張できます。

Leica Lino購入

画像
Lino Triple Power concept

トリプルパワーコンセプト 

リチウムイオンバッテリーは、フル充電で最大28時間Linoを使えます。

電源が少なくなった時に、電源が取れる場所にいる場合は、プラグを差し込むだけで、作業が継続可能、バッテリーの再充電の同時に行われます。

充電がない?問題ありません。標準のアルカリ電池パックに切り替えて使えます。

3タイプの電源は、アルカリ電池パックのみが付属するL2スターターパックを除くすべてのLinoに対応しています。 

Leica Lino購入

画像
Leica Lino Green Lasers

グリーンレーザー

緑色のレーザーラインは、特に明るい環境では、赤のレーザーラインの最大4倍の視認性があります。

グリーンレーザのLinoは、「真の」緑色レーザーダイオードを使用しており、赤色レーザーと同じ充電時間で動作するように設計されています。

緑色がうすいレーザーレベルでは、赤色レーザーをグリーンに変換しているか、レーザー照射範囲の限界ではノイズが多い太いレーザービームを照射する低品質のダイオードを使用しています。これらの製品は、典型的な赤色ラインレーザー墨出し器よりも、早くバッテリーが消耗するでしょう。

Leica Linos グリーンレーザー購入

容易な位置決め

コンパクトなLeica Linoには、Twist 250またはTwist 360多機能アダプターが付属しています。両方ともUAL-130と併用でき、最大30mmの厚さのレールやパイプに固定し、130mmの上下移動が可能です。

画像
Lino UAL 130

Leica Lino購入