InTheWildへ戻る

Leica BLK2FLY and BLK ARC in front of a black and white building

Leica BLK2FLYとLeica BLK ARCを知る

|
11/04/2021

BLK2FLY

Q&A - BLK2FLY Product Manager Pascal Strupler

BLK2FLYはどのようにントロールされますか?

BLK2FLYは、アプリを使って、可能な限りシンプルな操作性を実現しています。本体を広げて電源ボタンを押すと、WLANとLTE接続され、BLK2FLY Liveアプリですべてを遠隔操作することができます。アプリ内でプロジェクトを計画すると、BLK2FLYが自律的に飛行し、スキャンし、ミッションを完了します。また、BLK2FLYが飛行中に撮影したすべてのデータを2Dまたは3Dで表示したり、BLK2FLYの飛行経路をリアルタイムでモニターしたり変更したりすることもできます。また、必要に応じて、バーチャルジョイスティックを使ってマニュアル操縦することも可能です。この機能は、常に自分自身でコントロールするための重要な安全機能となります。          

BLK2FLY Liveアプリにはどのような機能がありますか?

BLK2FLY Liveアプリは、飛行とデータ取得をモニタリングし、空中のBLK2FLYをコントロールするために、ダイレクトタッチ入力が行えます。その他の機能としては、パンニングして見る方向を変えたり、ピンチしてズームしたり、ダブルタップしてライブ画像を見たりと、BLK2FLYがそれに合わせて視点を変えながら操作することができます。BLK2FLYに新しいエリアをスキャンさせるには、タブレット上のアプリの3Dビュー上で直接ポイントシステムを使いエリアを選択することで簡単に設定できます。そして、BLK2FLYは、そのエリアを短時間で安全にスキャンするための飛行経路を作成します。    

BLK2FLYでキャプチャした結果を見るにはどうすればいいですか?

BLK2FLYは視覚的フルフィードバックを提供します。BLK2FLY Live アプリによって、5つのカメラシステムからストリームバックされるライブパノラマビデオでフライトを確かめたり、キャプチャ中の環境のライブ3Dビューを見ることも可能です。スキャン完了後は、BLK2FLYからキャプチャしたデータをHxDRにアップロードすると、データの閲覧、共有、保存をすべてクラウド上で行うことができます。    

BLK2FLYのスキャンミッションはどのように設定しますか?

スキャンするエリアや対象物のパノラマライブビュー上でダイレクトにエリア選択すると、BLK2FLYは障害物を回避した最適な飛行経路を計画します。  

BLK2FLYは飛行中どのように信頼性の高いスキャンをキャプチャするのですか?

スキャンミッションを実行中、BLK2FLYはスキャン対象物に順応して飛行します。BLK2FLYは、対象物から理想的なスキャン距離を保ち、スキャンデータのポイント密度を一定に保ち、解像度や詳細情報を取得します。これにより、BLK2FLYはスキャンシャドウを排除しながら、均一でクリーンなスキャンを実現します。また、BLK2FLYはスキャンした環境をリアルタイムで3D表示するため、スキャン中に完成度をチェックしたり、調整を行うことができます。     

BLK2FLYオペレーションに、資格や専門的なトレーニングが必要ですか?

BLK2FLYは、シンプルで安全、そして誰でも簡単に使えるように設計されており、ワークフローをスムーズにし、ストレスを感じさせません。 専門性の高いトレーニングは必要なく、飛行経験がなくても誰でも操作することが可能です。ただし、UAVパイロットライセンスが必要であり、地域や国の飛行規則をよく参照してください。     

BLK2FLYをスキャンミッションのダメージからどのように保護しているのですか?

BLK2FLYは、弊社のGrandSLAMテクノロジーによって、完全な球形障害物回避機能と自律的な飛行経路計画をする機能を備えています。BLK2FLYは、LiDAR SLAM、カメラ、GNSS、そしてレーダーモジュールからのデータを融合させることで、空中を簡単かつ安全に飛行することができます。BLK2FLYは自律的に飛行経路やスキャン経路を計算し、GrandSLAMによって、途中の障害物を回避して最短経路で離陸地点に戻ることができます。また、GNSSによる絶対データのジオリファレンスにより、デバイスの位置を特定し、スキャン対象物から適切な距離を保ちながら、最も安全で効率的なスキャンルートを算出し、最適化します。      

飛行中のBLK2FLYのバッテリーライフはどのくらいですか?

BLK2FLYのバッテリーは、空中では約13分稼働します。BLK2FLYは、ホットスワップバッテリーシステムを採用しており、バッテリー残量が少なくなると帰還を開始し、新しいバッテリーに交換するとスキャンミッションを継続します。また、iPadがWLANとLTEの両方の接続が切れた場合、BLK2FLYは自動的に離陸地点に戻ります。    

航空法の要件は何かありますか?

BLK2FLYは、アメリカやヨーロッパにおけるリモートIDのような航空規制要件をすべてサポートしており、現地の空域に違反した場合にはオペレーターに通知します。

BLK2FLYの保管/持ち運べばいいですか?

BLK2FLYは、折りたたみ式のシンプルな形状で、市場で最も小さいフライングレーザースキャナーです。重さはわずか2.6kg、ケースに折りたたみ飛行機のオーバーヘッドコンパートメントに収納できます。  


BLK ARC

Q&A - BLK ARC Senior Product Engineer Valentina Albano

BLK ARCの "ARC "は何を意味しているのですか?

ARCはAutonomous Reality Captureの略です。BLK ARCは、新たなレベルの自律性を実現し、追加作業をなくし効率化を計ることができます。BLK ARCは、鉱山や発電所などの危険な場所での現場検証や、生態系関連や環境災害後の緊急性の高い記録など、危険な場所や到達できない場所をスキャンが必要とされる時でも、人の介入を不要とします。また、BLK ARCは、一定時間ごとに同じデータ取得を繰り返すことで、頻繁に行われる現場視察を効率的に行います。これらは、BLK ARCの想定されるシナリオやアプリケーションのほんの一例と言えます。        

BLK ARCがある現場では、どのような改善がなされるのでしょうか?

BLK ARCのレーザースキャニングモジュールを使用することで、人の介在を最小限にするだけでなく、遠隔操作により作業者の安全を確保することができます。 また、同じミッションの中で、スタティックスキャンとモバイルスキャンをキャプチャし、自動レジストレーションされたデータをHxDRクラウドプラットフォームにアップロードすることによって、その場でデータを閲覧・共有することもできます。現場での作業時間を短縮し、オフラインでスキャンミッションを計画し、スキャンデータをHxDRクラウドに自動的アップロードすることで、最短で生産性を向上させることができます。また、BLK ARCをデイリースキャンやタイムラインスキャンなど、現場の状況に応じたルーチンの自律的スキャンを行えば、反復的データキャプチャ作業を最適化できます。     

BLK ARCの自律性はどのように機能しますか?

BLK ARCモジュールは、3つのパワフルなSLAMメソッド: LiDAR SLAM、Visual SLAM、IMUを組み合わせたGrandSLAMテクノロジーにより、自律的なロボットのナビゲーションとスキャニングを可能にしています。  

LiDAR SLAMは、異なる表面や固有の形状を識別して、その3D位置を算出するための分析を行います。LiDAR SLAMは、異なる表面とユニークなジオメトリを識別し、その3D位置を算出するための分析します。LiDAR SLAMは、異なる表面とユニークな形状を識別し、その3D位置を算出するための分析を実行します。Visual SLAMは、3台のパノラミックカメラで連続した画像間の類似性を識別し、3D空間におけるスキャナーの動きを計算します。LiDAR SLAMは、異なる表面や固有の形状を識別して、その3D位置を算出するための分析を行います。LiDAR SLAMは、異なる表面とユニークなジオメトリを識別し、その3D位置を算出するための分析します。LiDAR SLAMは、異なる表面とユニークな形状を識別し、その3D位置を算出するための分析を実行します。Visual SLAMは、3台のパノラミックカメラで連続した画像間の類似性を識別し、3D空間におけるスキャナーの動きを計算します。また、IMU(慣性計測装置)は、動きを感知して3D空間での位置の変化を算出します。BLK ARCのGrandSLAMテクノロジーが、どのような場所で使用しても正確な自律移動が可能にしています。      

BLK ARCのGrandSLAMテクノロジーはどのように使われているのですか?

BLK ARCはSimultaneous Localization and Mapping (SLAM)を使用して、3D空間内の位置、方向、およびナビゲーションを行い、画像や次元的に正確な点群をリアルタイムでキャプチャします。GrandSLAMテクノロジーにより、BLK ARCは、どのエリアにおいても3Dデータを収集し、どのように動き、スキャン、写真、測定するかを、インテグレートされたテクノロジーによって自らを識別します。    

Boston Dynamics Spot robotは、近距離知覚システムを使って空間を歩き、進路上の障害物を乗り越えていきます。BLK ARCは、リアルタイムスキャンとGrandSLAMテクノロジーを応用し、より困難な環境下でのナビゲーション精度を高めています。  

BLK ARCはどのようにオペレーションするのですか?

BLK ARCは、ブラウザベースのユーザーインターフェースでオペレーションし、ロボットの軌道やカメラの制御、ユーザープロファイルの作成、スキャン設定の管理、ロボットキャリアの制御などを行います。また、Cyclone 3DRでオフラインのミッションプランニングをリモートで行い、それらのスキャンミッションをUIを通してBLK ARCにアップロードすることができます。ミッションが完了後は、BLK ARC UIはデータを弊社のレガシーソフトウェアであるLeica Cycloneに送るか、現場からHxDRにダイレクトにアップロードします。    

オフラインでミッションをどのようにマップしますか?

BLK ARCのスキャンパスは、コンピュータから建物やエリアの既存図面、CADモデル、BIMモデルを使って、どこからでもリモートで作成することができます。ミッションはインターネット経由でロボットに送ることができるので、人の手を介さずにミッションを完了することができます。また、工事の進捗状況など、現場で大きな変化があった場合には、現場に戻ることなく、既存のBIMモデルを使ってスキャンパスを修正・適用することができます。    

BLK ARCの "汎用性 "とは?

BLK ARCは様々なロボットに使用できるように設計されたモジュールであり、ロボットがどこにあっても、BLK ARCの機能は変わりません。BLK ARCはオフラインでのミッション・プランニングが可能なため、必要なときにBLK ARCが自分でスキャンをし、データを提供してくれるという柔軟性を備えています。BLK ARCは、同じミッションで2種類のスキャンを行うことができます。スタティック・スキャンは、より高いデータ品質が求められる正確で高密度な鮮明な点群に最適であり、モバイル・スキャンは、生産性が重要となる大規模な環境での高速データ収集に適しています。    

BLK ARCの耐久性は?

BLK ARCは、プロテクションバーがマウントプレートに組み込まれており、ハードウェアを物理的なダメージから守る、洗練されたストレートなデザインとなっています。 安全に使用するために、取扱説明書を参照ください。 

BLK ARCは異なるロボットでも使用できますか?

はい。現在、BLK ARCはBoston Dynamics Spot robotとの互換性を確保していますが、近々、様々なロボットプラットフォームやキャリアにも適用される予定です。  

共有する

コメントを見る

コメント

コメントを追加

制限付き HTML

  • 使用できるHTMLタグ: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。