Utility

US

Contact Menu

User account menu

Cart Flyout

Leica BLK360 in front of Knowlton Church

英国のローマ遺跡、先史時代の古墳、中世の城のスキャン: Elias LoganとBLK360 Round 3

作成 Elias Logan

|
09/02/2020

スコットランドの北側の田舎街から、南側の賑やかなイングランドへと旅をしています。スコットランドは、現在の人口密度が高いのと同様に、スキャンしがいのある石造りの遺跡が数多く存在し、波乱に満ちた過去を反映しています。スコットランドでは、Ness of Brodgarの発掘に集中して取り組む一方で、イングランドでは、興味のある遺跡をすべてキャプチャするために、よりスムーズなスキャン作業が必要となり、BLK360は休む暇がありませんでした。  

では、シートベルトを締めて、狭い田舎道を一緒に曲がりましょう。


BLK360 Records Layers of Occupation

スコットランドのスキャンが先史時代から中世時代の遺跡へと移行していく一方で、イギリスの現場では、スキャン研究に新たな歴史的時代をもたらしました: ローマ時代です!

ローマ時代の建造物として最初に目にしたのは、帝国の北の境界線であるハドリアヌスの長城(Hadrian’s Wall)でした。その後、リンカーンからロンドンに至るまでの都市では、適度な厚さの石ブロックと断続的な粘土レンガの配列という教科書的な方法で建設された同じような防御壁にローマ時代の痕跡が見られます。 

Hadrian's Wall Milecastle

これらのローマ時代の要塞は、中世の封建領主が要塞や城郭都市の中でしばしば改修、再利用、追加したもので、ヨークのように、BLK360は中世に追加された「マルチアングル・タワー」やゴシック様式のアーチ型教会「セント・モーリス教会」に挟まれたローマ時代のオリジナルの城壁の一部をキャプチャしています。 

York City Walls Multangular Tower

ローマが(まれに)イギリスの太陽の下で過ごしたとすれば、中世の封建的な王、騎士、聖職者、その他の人物が住んでいたのは、さらに多くの国の遺跡でした。巨大なゴシック様式の大聖堂を筆頭に、これらの建築物の多くは規模が大きく、わたしの能力や実践可能範囲を超えていましたが(下記参照)、城や礼拝堂、修道院の建物の部分的な遺構は、スキャナーとわたしの研究対象となりました。 

ソールズベリー平原では、中世と先史時代が出会うという、時代を超えた興味深いケースがあります。Knowlton教会の小さな聖域跡は、ストーンヘンジや他のストーンサークルのような土塁の中央に位置しています。ここでも、BLK360の全周スキャンによって、教会の石垣や砂岩ブロックの壁と同様に、これらの土塁も調査の対象となりました。   

Knowlton Church and Earthworks

イングランド滞在期間に、先史時代は、土塁だけではなく、多くのスキャンに登場しています。たとえば、コッツウォルズ地方では、BLKと一緒にいくつかの「ロングバロー」のデジタルキャプチャを作成しました。これは、周囲の土壌を失った後にドルメンとして認識されることが多い、石製の正立石や蓋石の部屋を覆う土の塚です。このような構造物では、私がスコットランドのチャンバー・ケアンやアース・ハウスで必要に迫られて開発した、光量の少ない限られた空間でのスクランブルやスキャンの手法を使う必要がありました。 

Nympsfield Long Barrow

 

Laser Scanning Plays Alongside Preservation Practices at Weeting Castle

コッツウォルズでは「低くて囲まれた」構造物を担当しましたが、国を越えてノーフォーク郡では「高くて露出した」構造物を専門家に任せました。歴史的な保存を含めた研究を拡大すると、ウィーティング城のスキャンは、Building Conservation Solutions (BCS), Ltd.による石積みの検査と重なりました。 

BLK360とわたしが中世の荘園の周囲をスキャンしている間、BCSのディレクター(ロッククライマー)であるJoseph Picalli氏は、ビレイと25フィートの梯子を使って、フリント製の遺跡の上部の完全性を調査しました。幸運なことに、BLKの優れた到達範囲により、Joe氏が調査しているエリアを撮影するために、しっかりと地面にいることができました。 

Weeting Castle

リンカーン大聖堂の高い尖塔からカササギ鉱山の太い煙突まで、過去18年間に国内の40以上の史跡でBCSが保存活動を行っていることを、高いところからJoe氏が教えてくれました。我々の会話は、ウィーティング・キャッスルや近隣の遺跡の石器組成を理解するだけでなく、歴史的保全活動における表現の役割、特に遺跡を表現するために遺跡を描くことについて、非常に示唆に富んだものでした。 

たとえば、絵を描くという行為における手と心のつながりの重要性についてのJoe氏の主張は、わたしが各現場で行うスケッチの重要性を強調するものでしたが、BLKは精度と範囲は、それらをはるかに上回るものでした。スキャナーは、iPad Pro上のソフトウェアを使って点群の範囲を即座にユーザーにフィードバックし、スキャンした場所を昔ながらの方法でプラノメトリック・スケッチとして描くことも推奨します。 

Weeting Castle Plan GIF

これは、デバイスからコンピュータにスキャンをダウンロードして、コンパイルされたスキャンファイルで得られたスキャナのカバレッジの度合いを明らかにするときに、ある種のリスク/リターンの瞬間をもたらします。とはいえ、表現プロセスにおける「手」「心」「BLK」の役割を考えると、前回の記事で紹介した「4-C」のスキャン基準に付随するスキャンの原則が見えてきます。 

 

Elias Logan’s “3-R” Scanning Principles/ Practices

  • 表現の冗長性: 3Dスキャンは、表現ツールキットの代替ではなく、補強として理解されています。実際には、スキャンと同時に現場のメモ、スケッチ、写真を完成させる必要があります。特に、iPadのインタフェースを使わずにデバイスを動かす場合は、スキャン位置を記した構造物の図面をスケッチすることが最も重要となります。  
  • 厳密さ: ある3Dスキャンの完全性と厳密さ(または成功)を混同してはいけません。これは、次の場所に移動する前に、旅程、現場、現場の条件の範囲内で可能な限り多くのものをキャプチャすることを意味します。トラベルフェローシップの一環として、多くのサイトをカバーすることは、1つのサイトを深く表現することよりも優先されます。これらのサイトがかつての構造物全体の断片であるように、スキャンも同様に断片的なものとして理解されることが多いでしょう。この研究は専門的なものではなく、主に修辞的なものであるため、情報の欠落はエラーや見落としではなく、さらに熟考して分析するための方法であると考えるべきです。    
  • 尊重: サイトの完全性、他の訪問者が楽しむこと、そして両者の安全性は、3Dスキャンの検討よりも優先されるべきです。実際には、スキャン作業は(時折発生する三脚の足跡を除いて)、物理的な痕跡を残さず、壊れやすいエリアを保護するバリアを守り、ビジターの体験の妨げになるものを最小限に抑えることを意味します。後者の意味するところは、スキャン中にビジターに立ち止まってもらったり、邪魔にならないようにすることです。スキャンが十分に重なっていれば、いつでもモデルから切り離すことができるからです。また、来場者が興味を持ってくれた時には、プロジェクトの内容やデバイスの仕組みを説明するのも楽しいものです。   

スキャンの基準と原則を念頭に置いて、次の記事ではヨーロッパ大陸に入り、BLK360と私はフランスの巨大な巨石、より多くのローマ遺跡、崖の上のシャトーに挑戦します。中世の要塞の修復チームとの共同作業の経験や、スキャン処理のベストプラクティスなどを紹介します。それまで、お待ちください。  

 

<< 次の投稿

前の投稿 >>

共有する

コメントを見る

コメント

コメントを追加

制限付き HTML

  • 使用できるHTMLタグ: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。