画像
Leica Disto Series P2P

Leica P2P テクノロジー

 

画像
Leica DISTO S910 P2P
DISTO DST 360
DISTO S910用FTA360-S (右) 828414

DST 360

FTA360-S アダプター

P2P測定 (2点間距離測定)

Leica DISTO S910、X4、X3、Leica BLK3Dは、角度と距離データの組み合わせにより、高精度の二点間距離測定(Point to Point, P2P)測定が可能です。

S910はスタンドアローン型のP2Pデバイスです。
レーザー距離計(LDM)は、S910のシャシーに回転と角度データを取得するSmartpivotと組み込まれています。

  S910は、付属のスマートベース(Smartbase)に取り付け、三脚が無くても、近距離のP2P測定を行うことが出来ます。

ポイントファインダーを使用して、複雑な形状の敷地を測定する際に複数の測定ポイントがある時、または、ハンズフリー操作が必要な時はアダプターFTA360-Sに取り付け、S910のポテンシャルを引き出し、測定することが出来ます。

FTA360-Sとポイントファインダーの4倍ズームを使用すれば、S910は最大300mまでP2P測定が可能です。

DISTO X3、X4、BLK3Dは、DST 360三脚アダプターに取り付け、P2P測定を行います。

DST 360は、DISTO X3、X4、BLK3Dの角度センサーとLDMを使用し、P2P測定値の演算に必要なデータを提供する統合型回転センサーを内蔵しています。

Smart Area測定

P2P測定により、一か所から複数ポイントの測定値を取得し、3D空間の複雑な形状の平面を測定します。

画像
Leica DISTO S910 Smart Area Measurement

P2P測定が創り出すCADワークフロー

画像
Leica DISTO S910 Data Capture in CAD Format

CADフォーマット・データ取得のワークフロー

測定情報をDXF形式で取得することで、施工中の寸法データをそのままCADで使用することが出来ます。ファイルはUSB経由でダウンロード出来ます。2D DXFファイルは、間取り図や壁のレイアウトを正確に視覚化できます。3D DXFファイルは、より高精度な処理に必要となる測定データを出力します。

*DISTO S910 のみ

Leica DISTO Plan App

“Measure Plan” または “Measure Façade” 機能は、P2Pテクノロジーが使われています。アプリでの作業が完了したら、作成したプランをdxfまたはdwgファイルとして、CADソフトにエクスポート出来ます。

画像
Leica DISTO S910 Plan App
画像
Leica DISTO S910 Real-Time Transfer of Point Data

測点のリアルタイム転送

パソコンとDISTOをWiFi接続し、リアルタイムで測定データをいくつでも転送出来ます。

Leica DISTO transferのプラグイン機能によって、AutoCAD®および BricsCAD®への転送もサポートしています。

データは他のサードパーティ・ソフトウェアにも転送可能です。お使いのソフトウェアを最大限に活用してデータセットをすぐに検証したり、完成モデルを作成したり出来ます。

DISTO X3
150mの測定範囲
インドア
P2Pテクノロジー と DST 360 アダプター
アプリへのデータ転送

 

DISTO X4
150mの測定範囲
屋内 / 屋外
P2Pテクノロジー と DST 360 アダプター
アプリへのデータ転送

 

DISTO S910
300mの測定範囲
屋内 / 屋外
統合されたP2Pテクノロジー
アプリへのデータ転送
CADへのデータ転送
オンボードdxfファイル生成

 

画像
Leica DISTO X3 P2P-Package

Leica DISTO X3 P2P-パッケージ

インドア P2Pソリューション

購入

画像
​​​​​​​LEICA DISTO™ X4 P2P-PACKAGE

Leica DISTO X4 P2P パッケージ

アウトドア P2Pソリューション

購入

画像
Leica DISTO S910 P2P Package

Leica DISTO Pro Pack

高度な屋外測定

詳細を見る

購入