Lake Bill Tosolini Productions

Tosolini Productions、BLK360、Unity EngineがVRで語るシアトルの記憶

ビジネスストーリーは、会社のプロモーション、潜在的な顧客からの購入促進、新しい従業員の採用に大きな役割を果たします。会社の物語を語る上で、リアリティキャプチャの技術が、多く採用されてきています。シアトルを拠点とするTosolini ProductionsのPaolo Tosolini氏は、新しいメディア — イベント用のインタラクティブなタッチスクリーンソリューション、3Dバーチャルツアー、AR/VR/360の没入型メディアなどを使用し、DeloitteやMicrosoftをはじめとした企業のビジネスストーリーを専門としている企業です。 Paplo氏と彼のチームは、複数の種類のリアリティキャプチャとイメージング技術を活用して、ワシントン州レドモンドにあるMicrosoftのキャンパスにある、最近の改装により無くなってしまった屋外スペース「Lake Bill」など、シアトルとその周辺の重要な建物やランドマークをデジタル保存しています。 しかし、なぜMicrosoftにとってLake Billを保存することがそれ程、重要なのでしょうか?GeekWireのNat Levy氏によると「ベテランのMicrosoftiesの間では、誰もが知る場所」であるとのことです。マイクロソフト元従業員がユーザーコミュニティQuoraの中で、「MicrosoftキャンパスのLake Billの裏話はありますか?」という質問に答えています。Lake Billは、「数々のプロモーションや悪ふざけのロケ地」であり、この従業員はかつて出勤して「Windowsの最新リリースを宣伝するために湖全体が覆われるほどの数の青いエクササイズボール/バランスボールが浮かんでいた」こともあったといいます。また、「Bill...

Gilbert-Ash building design

Gilbert-Ash、Leica BLK360を使用し、英国外務・英連邦省にMayhew Theaterを建設

Gilbert-Ashは、30年以上にわたり、ホテルやオフィスから外国の大使館や領事館に至るまで、世界40カ国で、評価の高い一流の建設プロジェクトを竣工してきた、数々の受賞歴のある英国の建設会社です。ロンドンとベルファストにオフィスを構え、その専門知識と高品質な施工技術により、英国外務・英連邦省から、頻繁に契約を得ています。最近では、ウィリアム王子によって正式に開校された、ロンドンの外務・英連邦事務所内に外交教育アカデミーを建設しています。 英国初の女性外交官Cecily Mayhewにちなんで、正式にはMayhew Theaterと名づけられた外交教育アカデミーは、ロンドンにある英国外務英連邦省の中庭に建設されたガラス・鉄骨・木造の放物線型の構造物であり、道路から90メートル離れた中庭にクレーンで吊り上げ、また、片側5メートルのクリアランスしかないという、非常にデリケートな作業が行われました。 このプロジェクトでは、Gilbert-Ashは狭く、慎重な作業が要求される空間の中で作業する必要がありました。彼らはまた、とても厳密に幾何学的に設計された、複雑で非常に近代的な建物を完成させなければなりませんでした。幸いなことに、彼らはLeica BLK360イメージングレーザースキャナーに投資し、BLK360は、2019年の建設優秀賞を受賞したMayhew Theaterの建設に貢献した重要なテクノロジーの1つとなりました。 複雑で注目度の高い工事に求められる先進テクノロジー Gilbert-Ashは、その実績が示すように、常に注目度の高い建設工事に挑戦してきました。しかし、Mayhew Theaterの設計・建設工程では、上記のような複雑な課題があり、高度なテクノロジーが必要とされました。 「建物の上部構造は、片持ち梁の双曲放物面トップリングビームと亜鉛屋根(その形状からプリングルと呼ばれていました)で、建物内には楕円放物面のシダースラット天井があります。」とGilbert-Ashのデザインマネージャー、Paul McGeachy氏が説明しています。建築業務に従事していない方にとっては、その高度な幾何学的な文言から、複雑な構造物であることがお分かりになると思います。...

Alltech Engineering Corp

BLK3Dによる複雑な自動車工場設備測定: Alltech Engineering Corp社のケーススタディ

BLK3Dは、端的に説明すると、プラント環境の測定に優れていると言えます。従来、行われていた現場や建築物の状態を手作業で測定するプロセスは、多くの時間を必要とします。しかし、BLK3Dは、カメラ、巻き尺/コンベックス、レーザー距離計での測定から切り替わるだけでなく、ドキュメント化のワークフローを確立します。測定する対象物を撮影するだけで、必要なすべての寸法をキャプチャします。手作業の測定ツールを持ち歩いたり、プラントの状態を記録するのに何週間もかかったりする代わりに、1日か2日間、写真を撮り、すぐに作業に取り掛かることが出来ます。 プラントでBLK3Dで測定をすると、複雑な機械、設備、部品、空間情報、機械工具などを短時間で測定することが出来ます。例えば、機器を設置するために工場の床面を測定する必要があるとします。通常、巻き尺やその他の手動測定ツールを使用し、測定した結果をオフィスに持ち帰ることになります。しかし、BLK3Dなら、ボタンを押すだけで、必要な寸法を含む現場の状況を写真で撮影することが可能です。そして、画像とその中に表示されるすべての測定値を、工場のフロアからチームの誰にでも直接共有することが出来ます。 手作業での測定は不要で、不正確な測定や見落としのための再訪問は不要になります。測定漏れをすることなく、すべてのプロジェクト関係者が同じ情報を共有することが可能です。 とてもよいと思いませんか?それでは、BLK3Dが実際に使用されている様子を見てみましょう。 BLK3D Helps Design Precise Structural Support Steel for...