Leica Lino L4P1

乾式壁工法におけるLino L4P1とDISTO D2

Edin Osmanagic氏は、2012年にSolid-Bauを設立し、自分のビジネスを開業しました。それ以外にも、乾式壁の工務店をふたつ営んでいます。にもかかわらず、氏は自分で日々建築現場で自ら作業しており、そしてその結果、業務とは密接な関係を維持しています。内装工事における作業では、プレハブの壁や吊り天井、内張りフローリングシステムや内臓の付帯設備など、多種多様なものを扱います。 Edin氏が1998年に左官職人と乾式壁工法の見習いを終了しようとしていた頃は、また巻尺が頻繁に使われていました。これは、とても大変な作業でした。三角形も、ピタゴラスの定理を使ってその都度3・4・5の比率で計算する必要がありました。20世帯の集合住宅の立面図を作成するには、2名が付きっきりで4~5日かかったものです。 「マルチラインレーザーのLino L4P1とDISTO D2レーザー距離計のおかげで、最近はすべてが効率的になりました。」とEdin氏は言います。「もうこれで、同じ作業をするのに2人で2日間で終わらせることができるようになりました。」これはつまり、時間とコストが50%以上節約されたことを意味します。 現在Edin氏は、大きな住宅ビル2棟からなるコンスタンス湖のリンダウの新築の物件を、従業員2人とともに取り組んでいます。その任務は、総面積1200m2の大壁を建てることです。加えて、60m2のダクトライニングと、アパートのドア用100軒分のスチールドアフレームも設置します。 壁を建設するには、まず壁を位置までの距離をLeica DISTO D2で測定し、そしてマーカーで記します。次に、地墨レーザーポイントがついたLino L4P1を、止めねじを使ってミリメートル単位の精度でマーカーと鉛直レーザーラインの真上に設置します。そしてチョークラインを使って床と天井の位置を記していきます。その後フレームを設置し、石こうボードや断熱材を取り付けてゆきます。 「個人的には、止めねじが一番気に入っています。デッドスポットがありません。レーザーラインを右か左に修正したかったら、瞬時にそして完璧に行うことができるのです」とEdin氏は熱意をもって言います。...