In the Wild

創始者のHeinrich Wildのように、新たな境地を求めてスキャンをし、感性を研ぎ澄ますために新しいツールを構築し、世界をよりよく理解するためにリアリティキャプチャを推進しています。

InTheWildに参加して、ライカ ジオシステムズのテクノロジーに関する多くのストーリーを参照ください。
Leica BLK2FLY and BLK ARC in front of a black and white building

Leica BLK2FLYとLeica BLK ARCを知る

Q&A - BLK オートノミーエキスパート

S910

S910でセンサーの位置を座標情報で取得する

実車走行試験用ロボット(HI-TEC社製)を販売されている、株式会社東陽テクニカの、機械技術部 吉澤様は、DISTO S910導入後の感想をこう語ります。「手間のかかっていた測定作業が一人で出来るようになり、作業効率が上がっただけでなく、細部を考慮しながら進める測定作業による心理的な負担もなくなりました。」

Drone survey of the Basilica Santi Medici in Alberobello, Italy

地質学者 Gianluca Fallacara氏が、イタリアのアルベロベッロにあるサンティ・メディチ聖堂の調査にBLK3Dをどのように使用したか。

有名なアルベロベッロ(プーリア州)の歴史的中心部には、「トゥルッリ」と呼ばれる石造りの家が約2000軒あります。これらの家々は、1996年にユネスコの世界遺産に登録されました。これらの建物により、この街は世界的に知られるようになり、人気のある観光地となっています。 しかし、アルベロベッロの魅力は著名なトゥルッリだけではありません。アルベロベッロの最も重要なモニュメントの一つは、歴史的中心部の北側に位置するバジリカ・ミノーレで、アルベロベッロの守護聖人であるSS. メディチ・コスマとダミアーノに奉献されています。 現在のバシリカのレイアウトは、1885年に著名な建築家アントニオ・キュリが手がけたものです。1914年に完成した当初のプロジェクトでは、バシリカの重要なエレメントは実現されませんでした: それは、教会のラテン十字型のプランの中央に予定されていた荘厳なドームです。象徴としてのドームは、天空と宇宙を表す基本的な要素であり、宗教的モニュメントの中心的エレメントでもあります。 19世紀後半に活躍した建築家アントニオ・キュリのビジョンと哲学を尊重し、バーリ工科大学のDICAR部門が開発した技術的に非常に高度で革新的なプロジェクトにより、長い年月を経てようやくドームが実現しました。このドームを完成するために、建築、エンジニアリング、3D測量・モデリングなどの異なる分野の専門家を集結させる必要があり、技術的にもチャレンジングなものでした。 水文地質学、地盤工学、地形調査を専門とする地質学者で、写真測量にも何年もの経験を持つジャンルーカ・ファラカラが、教会の内部、特に八角形(ドームの底辺)と、八角形より上の部分である外部の調査を依頼されました。 "依頼された業務は、建築家がさまざまな設計段階で使用する3Dモデルを作成するために、内部および外部の点群データを取得することでした。教会の外部(ドームが建つ部分)の調査には、ドローンによる写真測量を使用しました。教会内部の調査には、Leica BLK3Dを使用することにしました。" BLK3Dを5mのポールに設置 Fallacara氏は、ドローンでバジリカの上部の調査を行った後、Leica BLK3DのImage...