In the Wild

創始者のHeinrich Wildのように、新たな境地を求めてスキャンをし、感性を研ぎ澄ますために新しいツールを構築し、世界をよりよく理解するためにリアリティキャプチャを推進しています。

InTheWildに参加して、ライカ ジオシステムズのテクノロジーに関する多くのストーリーを参照ください。
X3 Measuring
featured

レーザー製品の保証規定・3年保証延長登録・アフターサービス

レーザー製品の保証規定・3年保証延長登録・アフターサービス 保証規定 製品の保証期間は、購入日から2年間です。後述の3年延長保証を登録された場合は、3年間になります。この期間中、製品に起因する不具合があった場合は、修理はせず、新品製品への無償交換となります。(保証期間経過後は、特別価格による有償交換します。) ※充電池の保証期間について ・Leica DISTO D810 touch / S910の充電池: 2年間 ・Leica...

Modern house

Tanaka Home - PASSIVE HOUSE & Leica DISTO P2P

ライカ ジオシステムズのレーザー距離計は、1993年以来、常に最新テクノロジーを世界に先駆けて採用し、多くの建築業務に役立つ機能を提案しています。近年では、距離と角度の測定結果から2点間距離測定が行えるP2P(Point-to-Point)機能を搭載したモデルを市場導入しています。しかし、従来のピタゴラス測定とどう違うのか、P2P測定の結果から、どのように実際の実務に活用できるのか知りたいと思う方も多いはずです。 そこで、事例紹介として、宮崎県都城市のタナカホームさまへお伺いし、Leica DISTO X4 (P2P テクノロジー)での空間情報取得、そして、測定データをどのように活用されているかをインタビューを行い、実際のワークフローを説明していただきました。 Passive House? タナカホームさまは、家の効率設計の厳しい基準を定めるパッシブハウスとをクリアした高断熱・高気密の高性能住宅を推進しています。いまから16~17年前、田中誉宗さま(代表取締役社長)がドイツへ建築市場の視察へ行った際に出会ったのが始まりだそうです。現在、日本では8人のみというドイツのパッシブハウスの認定を一昨年に受け(Passive House Institute...

Ralf Wagenknecht using Leica DISTO S910
Video

屋根工事業 - 測定ソリューション

Customer Story: Leica DISTO S910 屋根工事業 - 測定ソリューション 会社名 Wagenknecht & Sohn...

Video

Leica 3D Disto: 建具業者の測定ソリューション

会社名: Stolz Joiners, Unterwasser, スイス チャレンジ: 古い農家にキッチンを設置するための複雑な測定をします。壁は四角形ではなく、古い暖炉の周りに、アイランドキッチンを設置します。 ソリューション: 部屋のすべての壁の細部までLeica 3D Distoでキャプチャし、さらにCADソフトで加工します。 結果...

Video

Leica 3D Disto: システム天井(グリッドタイプ)作業時のプロジェクター機能

Balgach(スイス)の木工会社Ernst Nüesch & Co社とその従業員16人は、約100年にわたり、インテリアデザイン、木造建築、寄木細工、フローリング工事などを行う企業です。大小さまざまな仕事を終える度に、従業員の経験値が上がり、若さと機敏さ/柔軟性を保ちながら、伝統的な職人技と現代技術を融合させています。 今回のプロジェクトでは、オフィススペースの改修が行われました。多くの改修作業の中で、防音のシステム天井の作業がありました。傾斜がある天井に、縦方向と横方向に常に同じ距離で、吊り天井のためのボアホールを多数あけることが課題でした。 「プロジェクター」機能を持つ3D Distoは、このタスクに理想的でした。壁、天井、斜面に、ミリ単位の精度でグリッドを投影することができます。 具体的な手順は次の通りです: まず、3D Disto で水平投影面を選択し、2つの測点を使って定義します。壁面の2点を測定し、後でグリッドの位置合わせができるようにします。グリッド上の距離の縦横を合わせます。グリットは壁に対して、並行して並びますので、Disto のレーザーで最初のドリルポイントを照射します。穴を開けたら、RM100リモートコントロールを使って、次のドリルポイントをレーザー照射します。職人が足場から動かなくても、次のポイントがわかるため、とても役立ちます。...

S910

S910でセンサーの位置を座標情報で取得する

実車走行試験用ロボット(HI-TEC社製)を販売されている、株式会社東陽テクニカの、機械技術部 吉澤様は、DISTO S910導入後の感想をこう語ります。「手間のかかっていた測定作業が一人で出来るようになり、作業効率が上がっただけでなく、細部を考慮しながら進める測定作業による心理的な負担もなくなりました。」

Video

オーストリア・Buchのタイル職人、Alexander Berti氏の一日

Alexander Berti氏は、20年以上の経験のあるプロのタイル職人です。13年前にパートナーと共に独立し、Eberle & Berti社を設立しました。 彼らの主な専門分野は、小さな部屋からウェルネスエリアやスイミングプールまで、床や浴室のタイルを施工することです。また、石造りのファサードや暖房器具も得意とする分野です。 同社が事業を展開する分野は、常に変化と発展を続けています。彼らは常にトレンドを把握し、何ができるかを分かっているのです。大きなタイルやガラスの壁をシームレスに設置することは、見た目がモダンなだけでなく、掃除がしやすいというアドバンテージがあります。しかし、このトレンドは、タイル職人にとってかなり難しい作業なのです。大型タイルを最適な位置に配置し、大きな切断を避けるためには、壁の寸法を非常に正確に測定する必要があります。また、大型のタイルは高価なため、失敗すると使えなくなることもしばしばです。その上、大きな壁にタイルを設置するのは簡単ではありません。希望通りのモダンな外観にするためには、最高の精度基準を持ち、タイルを設置する必要が求められます。 Eberle & Berti社はこの分野で多くの経験を積んでおり、細部にまで配慮し、こうした作業の難題を克服してきました。 「ライカの測定器、DISTOとLinoを使用しています。接着剤と同じように、わたしたちのツールキットの一部です。難しい仕事も難なく行えます...」と、Alex Berti氏は説明します。 同社は、ライカ...

Video

Leica DISTO Plan - Leica DISTO D1/D110/D2とiPhone/iPadとのBluetooth接続

アプリ「Leica DISTO Plan」は、測定結果の記録や報告書としても活用し、測定結果をデジタル管理するという極めて重要なタスクを支援します。 これにより、プロジェクトの次のステップへ簡単に移行することができます。 Sketch Plan — 寸法付き図面描画 Smart Room — 測定と同時に図面作成...